FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『atled』感想文っぽいもの(その2?)

途中まで書いて気づきました。

さっきまで書いていた方法だと
あらすじを書いてしまうので、
それでは感想文にはならないのだと・・・・・
なので、消去消去。
改めまして!!



というわけで、
感想文ね。




『atled』
2012/7/27発売
FLATさま


このお話で一番印象に残ってるのは、
「人との絆」ということ。
それは、友だちだったり、家族だったり、
近くに居る人だったり、恋人だったり・・・・・

人との繋がりって、すごく不思議だと思う。
会いたくても会えない人はたくさんいるし、
第一印象が最悪でも、
その後、親友になれたり。

ここに登場するヒロインたちは、
本当に友だちが大好きで、
友だちの為に行動ができる
とてもやさしい人たちです。
でも、「やさしい」っていうのも難しいよね。
ひとによってやさしさって違うだろうし、
感じ方も違う。
自分が「その人の為」と思って行動してる事が、
実は、自分のわがままになっていたり。

このお話で面白いのは、
同じ人物であるのに、
2つ世界が出来上がった事で、
別のその人物が出来上がっているという事。
根本の性格は大きく変わらないのに、
生きてきた人生が違うと、
やっぱり多少なりとも考え方や行動が違ってくるよね。
そこが絶妙に表現されていてステキでした。

この世界はいくつもの分岐のうちの一つにすぎないっていう
いろんなお話があるけれど、
この物語では、
あくまでも世界は一つにしぼられるように「世界」がはたらく。
という設定?でした。
なので、あおばが過去に戻り世界が2つ作られたことで、
「世界」が終わってしまうのを防ぐという
大きなお話の中でのそれぞれのヒロインのお話。
物語的には、とても重い内容で考えさせられることが
たくさんありました。

作中には、人の死を取り上げる部分が多かったのですが、
最近は、たくさんの悲しい事件があって、
人の命というものの重さとか意味とか心とか、
とても軽く見られてしまっているように感じる事があります。
でも、この作品では命の大切さとか、
「人を想う」ことをすごく感じました。
他人に興味が無いって、
その人の存在を否定することと同じなのかもしれない。
それってすごくこわいことだよね。

「出会い」ってとてもうれしいことで、
そこから「繋がり」ができるってすごい事だと思うのです。
今まで知らなかった人と知り合って、
たくさんお話をしてその人の事をもっと知って・・・・
その人との出会いは、
きっとそれまで知らなかった何かを自分に与えてくれて、
新しい世界を見せてくれる。
そうやって、人との繋がりがあって「自分」を作っているんだと
そんなことを考えた作品でした。
きっと、全部が全部うれしい出会いだけじゃないかもしれない。
でも、それも自分を作る何かになっているのかもしれない。
今までであった人全てで今の自分がいるんだって、
そう思ったら、
なんだか、自分ってすごいもののように思えてきた・・・・

うーん、結局まとまりのない話になっちゃったけど、
「atled」とても素敵なお話でした。
選択肢が無くて、1本のルートだったから、
1本の長い映画を見ている気分で
物語に入り込む事ができました。

この物語を読んでからこのパッケージを見ると、
青空の奥にいろいろなものが見えるようなきがしました。


最後に、この素敵な作品を生んでくださった皆様に
たくさんのありがとうをこめて・・・・・・

以上、「atled」感想文でしたっ!




FLAT atled -タイムリープ系シネマティックノベル-2012年7月27日発売
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

『atled』感想文っぽいもの(その1)

発売から1ヶ月たちましたので、
そろそろ感想文とか書いてもいいかなぁと・・・・・



そんなわけで、
FLATさんから先月発売された
『atled』
の、感想文なんかを書いてみようと思います。
ネタバレありますので、
見たくない方は回れ右でお願いいたします。


FLAT atled -タイムリープ系シネマティックノベル-2012年7月27日発売


atledは、電妄トークライブで知って興味を持った作品でして、
4章のお話からなっておりました。
体験版では1章がほとんどみれてしまうということで、
電妄の後、すぐさま体験版をやりまして、
超感動・・・・・・(ノ◇≦。)
とりあえず、それぞれの章で一番好きなシーンについて
感想文を書こうかと思うのです。
あ、設定とかあらすじとかも省略させていただきますね・・・・
ごめんなさい。



1章はあおばちゃんのお話。
怪我を負った親友を救う為に、
ウワサの本を使って過去に向かいます。
本当は、怪我をする直前に戻りたかったのに、
なぜかあおばちゃんたちが生まれる前の時代に戻ってしまって、
一度は落胆するあおばちゃんですが、
でもあきらめない!!
タイムリミットは1週間。
あおばちゃんは親友の為に何ができるのか、
一生懸命考えて頑張るのです。
そのあおばちゃんのまっすぐなところに
このパッケージのようなきれいな青空を感じました。

私の好きなシーンは、
あおばちゃんと希さんがお布団で一緒に寝ながらお話しするところ。
ここで、もう号泣ですわ・・・・・・・

あおばちゃんは過去の人たちに自分のことはあかせないし、
何も話せないのに、
1週間という短い期間のなかでふれあううちに、
お互いがどんな存在なのかを感じて、
分かっているのに言葉にする事ができない、してはいけない・・・
そんなせつない心情がとっても伝わってきて、
でも、きっとお互いに得ることができなかった
しあわせな気持ちを得る事ができたんじゃないかと思うと、
笑顔で会話する二人を見ていて
涙があふれてきました。
お互いの存在のことを言えないまま現在に戻るあおばちゃんに、
希さんの言う一言がとてもステキでした。
あおばの戻る世界に自分はいないのに、
それをわかっているのにその言葉を言えるって
希さんって、本当に強い人なんだと思いました。
うん、希さんって理想の人かもしれない。
こんな人に私もなりたいなって思う人です。



なんだか書き始めたら、
とっても長くなりそうなので、
とりあえず1章で今日は終ることにします。



そんなわけで・・・・・
続きはまた今度。

【ひよこストライク】感想3

注意こちらの記事は18歳未満は見てはいけないのです。
   よろしくお願いいたします。




『雨下~shizuku's official BLOG~』
【ひよこストライク】 Ex-iT

今回は、前回感想書いた作品の別ルートです。
下記あらすじはサイトより抜粋です。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

*Story*(公式サイトより抜粋)

いつもの教室。
いつものつまらない授業。
ぼんやりと窓を眺めていると・・・
突然、女の子が現れたんだ。

そう、二階の窓から。

二階の窓から飛び込んできたーーーー
後に自分を「ウタカタ」と名乗る女の子は
その後も変わらずムチャクチャだった。

教卓に上ると服は脱ぎ出すし、
俺の鼻の穴に指を突っ込もうとするし、
しまいには、獣みたいな
耳としっぽが出てくる始末だ。
頭が痛い。

・・・・・・でも、
少しばかり、ワクワクする。

色あせていた目の前のせまい世界が、
鮮やかに広がっていく。


ーーーーーこうして、たった数日間の
騒がしくも優しい物語が突然に始まったんだ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

(以下感想文、ネタバレちょいあるかも・・・?)

3回目はクラスメートAルートやりました。

『雨下~shizuku's official BLOG~』

(イラストは公式サイトの応援イラストより)

メインヒロインの一人なのに、
クラスメートAとか斬新な名前です。
いや、ちゃんと名前はありますよあせる
ちょこちゃんは、主人公の隣の席の子。
どこのクラスにもいるような?
自信のない控えめな子です。
だから、最初は主人公に名前すら憶えてもらえないという・・・・
頑張れ!!ちょこちゃんっっ!!

主人公が大好きなちょこちゃんは、
いろいろ必死に頑張ります。
その姿がとても健気で、
その頑張りが報われて告白されたときには、
思わずかんどーの涙が・・・・・しょぼん
すっごく感情移入しちゃいました。
(ちょこちゃんに)
真くんも、とってもかっこよくて、
こんな頼れる男の子なら、
誰だって好きになっちゃうよね~ラブラブ
スクランブルでは、
二人の出会いのシーンとかも見れて、
私的には、いちばん大好きなストーリーでした。

お話の序盤では、
いつもおどおどしていて
明るい笑顔はなかなか見れないのですが、
おつきあいしてからは、
とってもかわいい笑顔でほほえんでくれるのですよ。
さわやかな青空がピッタリですっっっ音譜

『雨下~shizuku's official BLOG~』-120518_1536~01.jpg

ずっとずっと自信を持てなかったちょこちゃんが、
少しずつ強くなっていく姿は、
とっても元気をもらいました。
きっとこの二人だったら、
この先もずっと
あったかい家庭を築いていけるんじゃないかって思える、
こころがほんわかあったまるお話でした。

どうやら、この二人の続きは、
【ひよこフェスティバル】で見られるとか・・・・
これは要チェックだねキラキラ



ウタカタルートコチラアップ
理々乃ルートコチラアップ

【ひよこストライク】感想2

注意こちらの記事は18歳未満は見てはいけないのです。
   よろしくお願いいたします。




『雨下~shizuku's official BLOG~』
【ひよこストライク】 Ex-iT

今回は、前回感想書いた作品の別ルートです。
下記あらすじはサイトより抜粋です。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

*Story*(公式サイトより抜粋)

いつもの教室。
いつものつまらない授業。
ぼんやりと窓を眺めていると・・・
突然、女の子が現れたんだ。

そう、二階の窓から。

二階の窓から飛び込んできたーーーー
後に自分を「ウタカタ」と名乗る女の子は
その後も変わらずムチャクチャだった。

教卓に上ると服は脱ぎ出すし、
俺の鼻の穴に指を突っ込もうとするし、
しまいには、獣みたいな
耳としっぽが出てくる始末だ。
頭が痛い。

・・・・・・でも、
少しばかり、ワクワクする。

色あせていた目の前のせまい世界が、
鮮やかに広がっていく。


ーーーーーこうして、たった数日間の
騒がしくも優しい物語が突然に始まったんだ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

(以下感想文、ネタバレちょいあるかも・・・?)

2回目は理々乃ルートやりました。

『雨下~shizuku's official BLOG~』
(イラストは公式サイトの応援イラストより)

理々乃ちゃんは、主人公のクラスメートのお姉ちゃんです。
のんびりしていて、一人だけ違う制服着てて、
黒魔術をやったり、独特な世界観をもつ美人さんです。
ひよこを追いかける姿がとってもかわいかった・・・
こんなお姉ちゃんほしかったな・・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

りりのちゃん、どうして黒魔術やってるの?
とか、
どうして一人違う制服着てるの?
とか、
どうして目が悪いのに眼鏡嫌いなの?
とか、
最終的にちゃんと意味があったのが感動。

大好きなお父さんに逢う為に黒魔術をやっていたりりのちゃん。
大好きな人に会いたいという気持ちは、
本当に強くて、
それは、自分自身も見失ってしまう程。
それは、自分だけじゃなく、
自分を思ってくれる人も傷つけてしまったり。
弟くんは、ただのシスコンじゃなくて、
本当にお姉ちゃんが大好きだから、
支えになってあげたかったんだね・・・・・
でも、その役目は主人公の真くんが請け負って、
りりのちゃんの為に必死に駆け回る真くんが、
とってもカッコ良かった。
人の支えになるって、
ただその人の隣にいて、
その人のして欲しい事に応えるだけじゃなくて、
ちゃんと前を向かせて一緒に進んであげる。
そんなことを考えさせられる、
ステキなお話でした。

最後のほうでは、
お互いにお互いを想っているのに、
言葉では全然違うことを言ったり、
心がチクチクするシーンもありましたが、
人を想うって、やさしいだけではダメなんですよね。
ここちいいだけが優しいわけじゃないって
おもいました。

お母さん、いつもダメな私を
しかってくれてありがとう。
そんな明日は母の日ですね・・・・・

というわけで?
ひよこストライク2周目は、
「理々乃ルート」でした(*゜▽゜ノノ゛☆
人の優しさに触れる、
あたたかいストーリーでした。


ウタカタルートコチラアップ
クラスメートAルートはコチラアップ

【おまけ】
理々乃ちゃんの好きな表情ラブラブ

『雨下~shizuku's official BLOG~』-120512_1325~01.jpg


『雨下~shizuku's official BLOG~』-120512_1325~02.jpg

このシーン好きでした・・・・

げーむかんそう(18歳未満禁)

注意こちらの記事は18歳未満は見てはいけないのです。
   よろしくお願いいたします。



さて、えっと、最近やっているゲームの感想なんか
書いてみよっかな・・・・みたいな。




第1弾(笑)としては・・・・・・


『雨下~shizuku's official BLOG~』
【ひよこストライク】 Ex-iT

昨年の電妄トークライブで紹介していた作品で、
絵がめちゃ好みなのとか、
かわいさにこだわってるところが気になっておりました。
ヒロインの一人が「クラスメイトA」ってすごいよね(´∀`)




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

*Story*(公式サイトより抜粋)

いつもの教室。
いつものつまらない授業。
ぼんやりと窓を眺めていると・・・
突然、女の子が現れたんだ。

そう、二階の窓から。

二階の窓から飛び込んできたーーーー
後に自分を「ウタカタ」と名乗る女の子は
その後も変わらずムチャクチャだった。

教卓に上ると服は脱ぎ出すし、
俺の鼻の穴に指を突っ込もうとするし、
しまいには、獣みたいな
耳としっぽが出てくる始末だ。
頭が痛い。

・・・・・・でも、
少しばかり、ワクワクする。

色あせていた目の前のせまい世界が、
鮮やかに広がっていく。


ーーーーーこうして、たった数日間の
騒がしくも優しい物語が突然に始まったんだ。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

(以下感想文、ネタバレちょいあるかも・・・?)

最初にウタカタルートやりました。

『雨下~shizuku's official BLOG~』
(イラストは公式サイトから)

ウタカタは、ハチャメチャな性格や言動が多いけど、
どこか憎めなくて、
コロコロ表情が変わる、とってもカワイイ子です。
でも、実はさみしさの裏返しだったりとか、
目が離せない感じがだいすきです。

登場から学校の二階の窓からいきなり入ってきたり、
教室でいきなり服を脱ぎ出したりするビックリ登場。
しかも、実は主人公にしか存在が見えていないとか・・・・

主人公が自分が見えると分かってからは、
ことあるごとに出没、ちょっかい出してきて、
実は孤独な存在である事を忘れてしまうほど
元気いっぱいなウタカタでした。
ストーリーを進めて行くうちに、
そんなウタカタのさみしがりやなところや、
照れ屋なとこ、抱えた孤独や不安が見えてきて、
ウタカタルートに入ってからは
一気に読み進めてしまいました。
進めば進むほど、
ウタカタが可愛くて、いとおしい存在になって、
毎日を何気なく過ごしていた主人公が、
頼れる一人の男性になっていくところは
本当に感動しました。
ラスト、桜の木の下でする会話は、
悲しみだけじゃなくて、
二人の想いの強さや、成長があって、
幻想的なイラストとともに引き込まれました。

しかもねっっ!!
本編だけじゃなくて、
サブストーリー的なものがみれるのですよ!
で、私はその存在に気付いたのが
ウタカタルート終了後(笑)
そのサブストーリーをみていたら、
なるほど!そうなって本編でこう繋がってたのね♪
とか、新たな発見があって、
あと、本編で語られなかった事とかもあって
ルート攻略してからも楽しかったです。

実は・・・・・・

ウタカタルートのエンディングが、
「もしかしたらトゥルーエンドがあるんじゃないか?」
と思ってしまって、
もう一周してしまいました(笑)
実際、どうなのかな?
ちなみに、今は理々乃ルートに進んでおります。
多分、ネットでみたらレビューしてくれてる人
たくさんいるような気がするんだけど、
まだ自力で楽しみたくて検索してないのです。
さっきも理々乃ちゃんと黒魔術部で活動してたのですよ~

そんなわけで、
今回は、「ひよこストライク」ウタカタルートの感想でしたぁ~ラブラブ


理々乃ルートコチラアップ
クラスメートAルートはコチラアップ
プロフィール

shizuku@声優

Author:shizuku@声優
アズリードカンパニー所属
声優のshizuku/藤田しずくです☆
日常にあったことや出演作の事を、
マイペースにきままに書いて行けたらと・・・

shizuku(R18作品)
藤田しずく(一般作品)
で、名義が分かれております。
サイトへ行く際はご注意くださいませ☆

なかよくしてくださいねっ♪♪

しずくブログバナー3
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
☆出演作☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。